■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、
心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”を
ご紹介しながら、

あなたのテニス上達に
役立つ情報をお届けします。

  ↓

毎月のDVD楽しみに見ています。


今年の四月から、
妻もテニスを始めました。

二人でベーシックDVDを見て、
コートで私がコーチをしながら実践しています。

いきづまったときは、DVDを見直しては
実践を繰り返しています。


五ヶ月たってゲームを始めましたが、
妻はリターンがうまくできず、

今回、DVDを購入して勉強しようと思います。


サーブ、ボレース、ストロークは、

ベーシックDVDのおかげで、
多くのクラブメンバーが驚くほど上達しました。(Y・I)

  ↑

■Y・I様、ベーシックDVDで、

多くのクラブメンバーを驚かせることができ、
本当によかったですね。


また、奥様がテニスをするようになったのも、
今後の人生において良かったのではないでしょうか。

(ご夫婦で趣味がいっしょの方は、

 仲良くすごすことができるという、
 統計結果がありますね。)


今後も、ご夫婦なかよく、
テニスを続けてくださいね。



■さて今日は・・・

「あなたの、究極の目的を明らかにしなさい!」

というお話をします。


この言葉は、世界的なセールスパーソンである、
ブライアン・トレーシー氏のものです。


続けて、彼は言います。

「究極の目的を設定したら、

あなたの全ての行動を、
その目的にそうようにおこないなさい!」



■あなたの、テニスの究極の目的は、
何でしょう?

「○○大会で優勝する!」

でしょうか?


「フェデラーのように、
すべてのショットを華麗に打つ!」

でしょうか?


「錦織圭のように、世界に名を馳せる!」

でしょうか?


人それぞれ違いますから、
どれが良いとかはありません。

大事なことは、他人の目的に引きずられることなく、
あなた自身の目的を実現することです。



■そして、

「究極の目的を設定したら、

あなたの全ての行動を、
その目的にそうようにおこないなさい!」

ということですから・・・


「○○大会で優勝するために、
“これ”と“あれ”を行う!」


「フェデラー選手のように、
すべてのショットを華麗に打つために、

“これ”と“あれ”を行う!」


「錦織圭選手のように名を馳せるために、
“これ”と“あれ”を行う!」


こんな気概をもち、行動してください。



■今日のような話は、“耳ざわり”は良いですが、
実行に移す方は少ないので、

「やったもん勝ちです!」



■追伸1:

あなたが実行に移す方であることを、
私は知っています。



■追伸2:

「このブログは役に立つ!」と思われたなら、
大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。
す。