■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、
心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”を
ご紹介しながら、あなたのテニス上達に
役立つ情報をお届けします。

  ↓

細かく分解して説明してくださり、
とてもよくわかりました。

長くスクールとかで習っていても、
こんな説明は一回も聞いたことが
ありませんでした。

大人のテニスは、頭で納得いかないと
なかなか実践できません。

このDVDでモヤモヤがすっきり!
納得できた事で、レベルアップに
つながると思います。(H・S)

  ↑

■H・S様、“モヤモヤ”がすっきりして、
本当におめでとうございます。

また、

「大人のテニスは、頭でなっとく
できないと実践できない!」

との言葉も、全国の多くの方から
お聞きしますので、よくわかります。

そして、それは英語の勉強とおなじで、
正しい感覚です。

(テニスも、子供とは学び方が
違うわけです。)


■この2つ。

すなわち、聞いたことがないくらい
細かく分解して説明され、
頭でなっとくできたわけですから、

おっしゃるとおり、あとは実践し、
レベルアップするだけです。

みなさん、同じ要領で上達されています。
ぜひ、この調子でがんばってください。


■さて今日は・・・

「理論と実践の“はざま”を埋める人!」

というお話をします。


■ときどき聞かれることに、

「田中さん、コーチはどのように
選べばよいのでしょう?」

というむずかしいものがあります。

なぜ、むずかしいかというと、
選ぶためのファクターが、
たくさんありすぎるからです。


■そこで今日は、その中の一つ。
“知識”で選択する方法をお伝えします。

いわゆる、コーチと呼ばれる人は、
“知識”という無形資産を販売しています。


■当然そこには、レベルの違いがでます。
レベルは、基本的に3段階。

  ↓

1段階目:「知識を伝える!」

2段階目:「知識を相手にわかるように伝える!」

3段階目:「知識を相手にわかるように伝え、
     実践してもらい、結果を出させる!」
   
  ↑

■当然のことながら、
プロフェッショナルコーチを名乗るなら、
3段階目にいなければなりません。

つまり、あなたに単に知識を
伝えるだけではなく・・・

  ↓

・表現や角度をかえ、わかるまで伝えてくれる。

・知識を血肉に変えるため、
 上手に実践(行動)を促す。

・実践(行動)を結果に変えるための、
 具体的な方策をさずけてくれる。
 
  ↑

これらの取り組みを、おこなってくれる人こそ、
あなたが選ぶべきコーチとなります。


■特に重要な選択視点は、

「知識を血肉に変えるため、
 上手に実践(行動)を促す!」

ここを上手に動かせる方。

このような方をコーチにされると、
おのずと結果も出やすくなります。


■なぜなら、経験豊かなあなたであれば
おわかりのとおり、

「知っているのと、
できるのとでは大違い!」

そして、

「人は元来、無精!」

であるため、

「できない、やらないが人間の本質!」

であることを理解している
コーチであることが必須だからです。


■このような人間特性を知っている
プロフェショナルコーチであれば、

「実践させるには? 実践させるには?
実践させるには?」

この言葉が、つねに頭の中に
リフレインしているはず。

だからこそ、あなたを上手に実践(行動)
に向かわせることができ、

「実践(行動)するから結果が出る!」

という成功に導くこととなるわけです。
 

■まだまだお伝えしたいことはあります。
ですが、今回はここまでとするため、
最後にまとめておきます。

「理論と実践は全くの別問題!」

これが現実であり、そのため、

「理論と実践の“はざま”を
埋められるコーチをさがす!」

これが、あなたの行うこととなります。


■追伸1:

もちろん私も、

「理論と実践の“はざま”を埋められるコーチ!」

と言われるように、日々、精進を重ねます。


■追伸2:

「このブログは役に立つ!」と思われたなら、
大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。
す。