■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、
心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”を
ご紹介しながら、あなたのテニス上達に
役立つ情報をお届けします。

  ↓

「セットが遅い!」

と、10年も言われて直らなかったのに、
DVDを見たその次のプレーで
すでに治ってしまいました。

さらに驚いたことは、
見ている景色が変わったことです。

今までは、ヒットすることに
一生懸命だったのが、

余裕をもって打てるため、
周りの景色がすごく良く見えるのです。

ぎりぎりまで相手の動きを見て、
オープンスペースに打てるようになりました。

絶対に無理だと思っていたので、
夢のようです。(S・O)

  ↑

■S・O様、10年来の懸念事項を
一瞬で解決でき、本当によかったですね。

また・・・
  
  ↓

「余裕を持って打てるため、
周りの景色がみえ、

ぎりぎりまで相手の動きを見て、
オープンスペースに打てるようになった!」

  ↑

とのこと。


■これは、恐ろしいほどの
上達を実現された証拠です。

そのため、

「絶対に無理だと思っていたので、
夢のようです。」(S・O)

という言葉がでる気持ちも、
理解できます。


■実際、テニスの上手い人と
発展途上の人との大きな違いは、

  ↓

・余裕を持ってボールを打てる。

・ボールだけでなく、相手を含めた
 まわりを見ながら打てる。

・ぎりぎりまで相手の動きを見て、
 コース変更できる。

  ↑

これらにあります。


■これは、私やテニスの上手いコーチの
頭の上にカメラをつけ、

「上手い人は、どこを見ているのか?」

の実験結果からみてもあきらかです。


■では、どうしてS・O様は、
たった一瞬で、こんな進化をとげる
ことができたのでしょう?

もちろん秘密は、
“実践会メソッド”の中にあります。

普通のアドバイスでは、
こんな非常識な結果はだせませんから。


■既得権益があるので、
ここでメソッドの秘密を
明かすことはできません。

ですが、少しだけヒントを。


■打ち方だけを直しても、
こんな結果をだすことはできません。

「五感や、身体感覚で意識する部分を変える!」

これが、劇的な変化を生みだす秘訣です。


■最後に、もう一つヒントを。

あなたは、

「ナイスショットを一度したのに、
あの感覚はどこにいった?」

という経験をされた
ことがあるはずです。

(上達をつかんだような、
つかめていないような、
“モヤモヤ”した感じです。)


■あの素敵な偶然は、
何だと思いますか?

もちろん、色々なファクターが
あるのですが、

打ち方に限っていえば、

「“たまたま”体幹を理想的に使い、
その上スイング軌道も、
“たまたま”きれいだった!」

というのが答です。

ということは、その“たまたま”を、
必然に変えるメソッドがあれば、

ナイスショットを連発できる
ようになるわけです。


■もちろん、口を酸っぱくして言うように、
動き、判断、予測が、打ち方より
上位の力をもつのがテニスです。

そのため、くどいようですが、
打ち方だけを良くしても、
すべてのボールを上手く打つことは
残念ながらできません。


■ただ・・・

目の前にきたボール(球出しを含む)であれば、
“たまたま”を必然に変えるメソッドで、
高確率に上手く打てるようになるのです。


■追伸1:

「あなたは気づいていますか?
なりたい自分になる力が、
あなたの中にあることを!」



■追伸2:

「このブログは役に立つ!」と思われたなら、
大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。
す。