■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

「あっ、これだ!」

と思える時が時々あります。

技術は進歩してると思うのですが、
まだ試合に活かせてません。

もう少し、場数を踏む事が
大事なのかもしれません。(K・A)

  ↑

■K・A様、技術が進歩していることを実感できるのは、
すばらしいことです。

「なかなか上達しません・・・」

と悩みつづけているウィークエンドプレーヤーの方が、
全国にはたくさんいるからです。

そして、技術の上達が試合にいかされていないとのこと。

テニスが上手くなるのと、試合に勝つことは、
全くの別ですので、気にしすぎる必要はありません。

もちろん、場数をふむことは大切です。

が、“試合の勝ち方”を学ぶのも重要です。

なぜなら、経験値をためるには、
それなりの期間が必要だからです。

いずれにしましても、これからもK・A様のペースで、
着実に上達していかれることを願っています。



■さて今日は・・・

「違い!」

というお話をします。


■私のセミナーでは、必ず最後にアンケート調査を
させていただいています。

質問項目は、そのつど変わります。

今、お聞きしている一つのメイントピックに、

「田中信弥と、他のコーチの違いはどこにありますか?」

というものがあります。


■数人のお声をご紹介しますと・・・

・「わかりやすい!」

・「その人の問題点を瞬時にみぬき、
 すぐに改善策をみちびき出すところ!」

・「同じ動きに対しても、さまざまな表現方法、
 アプローチ法を出すので、“スッ”と自分に
 入ってくるものがある!」

  ↑

このように、本当に、本当に、
ありがたいお言葉をいただきます。


■で、このようなお声をもらうには、
当然ながらテニス以外の勉強が欠かせません。

・他のスポーツの超一流コーチから学ぶ。
(感覚ではなく、言葉で伝えるスキルを
 持っている人にかぎります。)

・コミュニ―ケーションスキルを学ぶ。

・比喩表現を学ぶ。

等々。

30〜40代は、かなりの数のセミナーや会に参加。

書籍を読む量も、人生の中で一番多かったです。


■で、「一体、何の自慢か?」ということですが、
もちろん自慢なんかではありません。

(少しは勉強しましたが、本当に勉強している方には、
足元にも及ばないからです。)


■そうではなくて・・・

「違いを出すには、違うことを習わなければならない!」

ということをお伝えしたいのです。

そしてこれこそが、他者と比べられたときに、
生き残る術となるわけです。


■あなたのテニスに置き換え、考えてみてください。

「周りの方と違うテニスをされていますか?」

「周りの方と違うことを習っていますか?」


■もし、答が「YES!」でなければ危険な状態です。

ぜひ、違うことを真剣に学び、
違いを感じさせる存在となってください。


■それこそが、

「ライバルから“頭一つ”抜け出す方法だからです!」

応援しています。



■追伸:

「このブログは役に立つ!」と思われたなら、
大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。
す。