■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

一般書籍には書いていないポイントが
上手く表現されており、効果が早い。

映像より、さまざまなポイントを読み取ることができる。

満足しております。(M・T)

  ↑

■M・T様、「瞬間直し(R)実践会」に満足してくださり、
本当によかったです。

また、一般書籍には書いていないポイントが
上手く表現できているとのこと。

こちらも、これから進めていくうえで、大きな自信となります。

ありがとうございました。


■さて今日は・・・

「あるべき姿を描く!」

というお話をします。


■これは、GEの元最高経営責任者、ジャック・ウェルチ氏の
言葉からヒントを得ました。

彼は・・・

『1年先、2年先、3年先の「あるべき姿」を持っている人は
毎日の仕事が輝き、持たない人は、ただの作業に追われる。』

このように言っています。


■この言葉をテニスに変換すると・・・

『1年先、2年先、3年先の「あるべき姿」を持ってテニスをする人は、
いつもテニスが輝き、持たない人は、ただテニスしているだけ!』

  ↑

こんな感じになるでしょう。


■わかりやすい例で言えば・・・

「俺は絶対にプロになる!!!!!!!!!!!!!!!」

と、ワンピースの主人公のように、強く「あるべき姿」を描きながら
日々の練習にはげむ選手。

反対に、「プロになった姿」を強く持たず、ただ単に練習を続ける選手。

この二人のうち、どちらが将来プロになるか? という話です。


■私の経験からしても、前者しかプロにはなれません。

であるならば、テニスの練習をすることは大事でありながら、
その前に、「あるべき姿」を描くことは必須となります。

1年後、2年後、3年後の、あなたの「あるべき姿」を
思い描いてくださいね。



■追伸:

「このブログは役に立つ!」と思われたなら、
大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。