■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

テニス上達のための基礎が詰まっています。

「何か上手くならないなぁ・・・」

と思っていた今までのストレス状態から抜け出し、
おかげさまで入会前と比べ比較にならないほど上達しました。(I・N)

  ↑

■I・N様、入会前と比較にならないほどの上達、おめでとうございます。

「原因があるから、結果がある!」という言葉があります。

ということは、「何か上手くならないなぁ・・・」は、どこかに悪い原因があったわけです。

その悪い原因を、今度は良い原因に変えた。

そこで、「入会前とは、比較にならないほどの上達!」となったわけです。

ならば、これからも悪い原因を探し続け、良い原因に変え続けることができれば・・・

「“無限の成長”ループが築ける!」

という、テニス人の理想郷に入ることができるわけです。

着実に悪い原因を一つずつ潰していき、「I・N様の目指すテニスの“最高峰”」(富士山? エベレスト?)
を目指し、一緒に頑張り続けましょう。


■さて今日は・・・

「運動連鎖を“盲信”するな!」

というお話をします。


■昨日、わずか1年半のテニス歴で、すでに上級レベルに達しそうな“テニスの天才”である会員様と
スカイプでディスカッションしました。

その中で、

「運動連鎖の知識で言えば、下半身 → 腰 → 肩 → 腕先 の順で動くのが正解です。
(いわゆる、“ムチの効果”と言うやつです。)

ですが、体感的成功事例(自らの実体験も含め)の多さで言えば、

肩 → 腕先 → 腰 → 下半身 の順で動かす方が、無用な身体の開きが抑えられ、
“プロ”の身体の使い方に近づきます!」

このようにお話させていただきました。

(理論と現場は違います。理想と現実も違います。

現場を極めると理論ができ、現実を極めると理想になるというのが、私の考え方です。)


■するとその方は・・・

「私も運動連鎖はきらいです。

あれは、専門家の知識であって、“実テニス”では機能しないと考えているからです!」

このような趣旨の発言をされました。


■で、ここまでの話しを聞くと、運動連鎖を信仰されている方からは、

「何を? テニス歴一年半の若造がわかったようなことを抜かしやがって!」

とい意見が出てきてもおかしくないのですが、


■なんとこの方・・・「物理学者さんなのです!」

つまり、科学信仰に偏っていても決しておかしくない職業につかれている方が、
堂々と運動連鎖を否定されているわけです。


■名誉のためにお伝えしておきますが、もちろんその方はやみくもに
運動連鎖を否定されるわけではありません。

それどころか、

「うっ、さっ、さすが。

日々、厳しい研究に取り組まれている方からしか決して出てこない、現場主義的結論をもとに話されている!」

というように、超専門家の立場から否定されているため、大変な説得力を持たれているのです。


■そしてその方は、私が提唱する、

「体感的成功事例にもとずいた“逆運動連鎖”(?)」

を導入されました。


■結果は、

「これかっ!」

と大きな声を上げられ、その後のスイングはまさに“ビュン、ビュン”と音が鳴るプロ並のフォームとなったのです。


■今日、あなたにお伝えしたいのは“こう”です。

日々、習った知識をもとに一生懸命練習を重ねても、

「何か上手くならないなぁ・・・」

とお感じになったら、


■自分の才能を疑うのではなく(ここ、超重要です)、

「やり方、違うかも・・・」

“こちら”に目を向けてください。


■「事実は小説より奇なり!」という言葉があります。

私の言葉に変換すれば、

「現実は、理論より奇なり!」

ということになるのです。


■追伸1:

実際、物理学者の会員様にやっていただいたスイングは、TV、雑誌等でお見せできるものではありません。

物理学者さんだからこそ。

そして、武道等でも“達人”に習われた経験が豊富にあるからこそ、
じんましんも発症されず、素直に受け入れてくださった“シロモノ”だからです。


■そのため、理解に乏しい方にお見せすれば、

「田中さん、気でも狂ったのですか?

そんな打ち方、世界中を捜しても、誰も教えていませんよ?」

と言われてしまうかもしれません。


■でも、良いんです。

ビフォア → アフター がわかるように、全て映像で記録していただいているご本人様が、

「気が狂っていても、誰も教えない打ち方であっても、これだけプロ選手に近いフォームになり、
コート上で打つボールが“どんどん”理想の近づいている!」

この現実を、誰よりも一番感じてくださっているのですから。



■追伸2:

「このブログは役に立つ!」

と思われたなら、大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。