■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

ポイントを簡潔に示しており、スムーズに実践する事ができました。

テニススクールでは、時間の制約がある事や色々な生徒がいる為、

スキルアップについては仲間との練習や上級者、コーチの物まねなど
色々とやってきましたが限界を感じていました。

書籍にDVDが付いている物も試してみましたが、肝心なところの解説が
ないので自分の物になりませんでした。

今回、「これが肝だ!」というところを示してもらえたことで、
この年齢でもまだまだ進歩できる実感が湧きました。

実践会に入会して繰り返し実践していく決心がつきました。(H・O)

  ↑

■H・O様、身に余るお褒めの言葉、うれしい限りです。

私はテニススクールのアドバイザーを、
いくつか兼任させて頂いていた時期があります。

ですから、テニススクールの良いところ、どうしても足りない所など、
特に良く理解しているつもりです。


■また、書籍も出版し、雑誌の連載もしてきた経験上、

「継続的に、DVDやニュースレターでテニス上達情報を発信しなければ、

肝の部分や芯の部分、大事でありながら細かい部分を
正確にお伝えすることは難しい!」

と認識しています。


■そのため、H・O様の体験は、我が身に起こったことのようにわかるのです。

これからも、「これが肝だ!」と言っていただけるような情報を発信し続けて
いく所存ですので、長期に渡りご一緒くださればありがたく存じます。


■さて今日は・・・

「望んだ結果が出てないときは、大きなチャンス!」

というお話をします。


■「望んだ結果が出ていなければ、ピンチでしょう?」

と多くの方が言います。


■確かに、そのように捉えることもできますが、大きな成果を出す方は、
思考が全く逆なのです。

    ↓

「望んだ結果が出ていないということは、山登りにたとえれば、
これから登るときであり、大きなチャンスを迎える時期となる。

反対に、望んだ結果が出たあとは要注意。

山登りに例えれば、後は下りが待っているだけだから!」

    ↑

■追伸1:

現役時代を思い出しても、

「ランキングが上がらない・・・」

「戦績が頭打ちだ・・・」

「怪我をして下降した・・・」

「テニスが上達しない・・・」

という後には、必ずと言って良いほど、それまでを超える結果を出すことに
成功しました。(もちろん、努力を重ねるからですが。)

人間、追い込まれているときの方が力を発揮しやすいようですね。


■追伸2:

「このブログは役に立つ!」

と思われたなら、ご友人にお勧めくださるとうれしいです。