■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

★苦手だったボレーが急にできるようになりました。

「ガニ股伝説、恐るべし!」

今でも調子が悪くなると使ってます。(かっこ悪いけど。)

(fumi)


  ↑

■fumi様、格好の悪い“ガニ股伝説”を使い、ボレーが急に上手く打てる
ようになったとのこと、本当にうれしく思います。

実は・・・

「内股伝説!」というメソッドも、実践会にはありまして。(笑)

今度は、そちらの方も勉強してくださると、よりボレーが急上昇的に
上手くなると思います。

いずれにしましても、今後も一緒に上達し続けていけることを
心から楽しみにしています。

ご報告、本当にありがとうございました。


■「“ガ二股伝説”? “内股伝説”?」

fumi様のご報告にあった上記の言葉は、聞いたことも見たことも
ないかもしれません。


■ですが、心配には及びません。

要は・・・

「股関節をしっかり入れなければ、テニスのショットは上手く打てない!
そのために編み出した方法論が、“ガ二股伝説”&“内股伝説”。」

という話だからです。


■ただ同時に。

「このような方法論がなければ、我々は世界トップ選手と同じ動きが
できるようにはなりません!」

こんな厳しい現実もあるのです。

(自らの感覚だけで上手くできる方は、“稀”なのです。

もちろんプロの私も、正しい方法論がなければ上手く打てない“くち”です。)


■例えば。

最近はインターネットの発達で、かなり正しく理解される方が増えてきましたが、

「膝を曲げて打ってください!」

というアドバイスをもらっても、正しく膝を曲げて打てる人など
皆無に等しいのが現実です。

(確かに表面上では、ひざを曲げることは誰でもできます。

ですが、その曲げ方が、どんどんテニスの正しいフォームから
遠ざかってしまっていることを知らない方は、まだまだ多いです。)


■そのため、誰もが正しくできる方法論がどうしても必要となり、
それを突き詰めていくと、“ガ二股伝説”&“内股伝説”のように

「格好は悪いけれど、効果抜群!」

というところに行きつくわけです。
(本当に正しい体の動きをインストールするため、結果が出るわけです。)


■ですから、fumi様のようなリアルなご報告は本当にうれしい限りですし、
今後も“どんどん”

「格好は悪いけれど結果は出る!」

メソッドを開発&ご提供していく所存です。


(あっ、格好の悪いのはインストールするまでの間です。

一旦、インストールが済んでしまえば、今度は誰からも

「カッコイイ!」

と思われる打ち方に変わりますのでご安心ください。)



■fumi様のような方が、まだまだたくさんここにいらっしゃいます。

  ↓

■ http://www.tanakashinya.com/course.cfm