■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「テニスの探求を止めると?」


という題材でお贈りします。



■解説:

テニス上達は、いつ開花するかわかりません。

そして、開花してしばらくすると、停滞(踊り場)がやってきて、

さらに時間が経つと、また違う花を咲かすことができ、その後、再び停滞が

やってきたりする、“気まぐれ君”なのです。


しかも、この間、探求は常に行っていなければなりません。

探究を行っていなければ、開花することは絶対になく、停滞することもできず、

“ズルズル”と落ちていくことしかできないからです。


今日、探究を止めた時点で、“ズルズル”と落ちていくことが決定することを

知ってください。


そして、探求を続けていれば、必ず花を咲かすことができ、

(毎日とはいきませんが・・・)

ときに大輪の花を咲かすことがあることも再認識してください。


 
■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com