■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「サービスの上達を遅らせる“オーバープロネーション”とは?」


という題材でお贈りします。



■解説:

サービスを上手に打つために必要な、プロネーション。

実は、間違った使い方をされている方がたくさんいらっしゃいます。

簡単に言えば、手先でプロネーション動作を行うのが間違ったやり方。

肩甲骨、肩から動作を開始するのが、正しいプロネーション動作になりやすい

のです。

*(“なりやすい”という表現を使っているのは、どんなに正しいメソッだと

  しても、使われる方の使い方により、正しくできたり、できなかったり

  するのが現実だからです。)

今日、「プロネーションを正しく使えているか?」を確認してください。

そして、間違った使い方をしているプロネーション動作は、

・「手先でプロネーションを行うため、必要以上に“クルクル”と面が

  動き、サービスの安定性に欠ける。」

・「過度に肘や手首が動くため、怪我をしやすい!」

こんな特徴があることを知ってください。


追伸:

間違ったプロネーションの使い方のことを、“オーバープロネーション”と

私は呼んでいます。

本来、必要とされるプロネーションの動きを過度に超えてしまう動きと

なるため、名づけました。


■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com