■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「試合中、対戦相手に流れが行ったら?」


という題材でお贈りします。



■解説:

耐え忍ぶしかありません。

流れは、行ったり来たりするもの。

ならば、対戦相手に流れが行ったとしても、それは普通のこと。

ということで・・・

「あぁ、今は相手に流れが行ってしまっているな。

しょうがない。

耐え忍びながら、まずはイーブンに戻すように努力しよう。

再度、自分の流れに持っていくのはその後だ!」

これくらいの気持ちでプレーを続けることが、健全で大切なこととなります。

今日、対戦相手に流れが行ってしまったら、

耐え忍ぶことを第一に考えてください。

そして、一番避けなければならないことが・・・

「無理に引き戻そうと思わないこと!」

ということを憶えておいてください。


追伸1:

無理に引き戻そうと思うと、無駄な力を使いすぎ、

自らのリズムが大きく崩れます。

水の流れを変えるがごとく、同化しながら、徐々に変えることが、

賢明な選択となるわけです。


追伸2:

もちろん、大きな流れでなければ、すぐに自分の方に戻ってくる

こともあります。

そのようなこともあるため、「力で何とかしよう」という発想は、

より結果を悪くすることになるのです。



■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com