■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■全仏オープン。

男子はベスト4の四人。

女子は決勝進出の二人。

こちらが決定しました。


■男子四選手は、ジョコビッチ、ナダル、フェデラー、フェレ―ルの各選手。

女子決勝は、シャラポア選手 VS エラー二選手のカード。

いずれ劣らぬ、素晴らしいストーリーを持っている選手ばかりが残りました。


■その中でも注目は、男子、ジョコビッチ選手。女子、シャラポア選手。

ジョコビッチ選手は、昨年前半のような圧倒的な強さではありません。

ですが、相変わらずの“勝負強さ”。

特に、準々決勝ツォンガ選手戦。

あの試合で見せた、4本のマッチポイントを跳ねのけた精神力には、
ただ、ただ脱帽です。


■反面。

ショットの勢い、相手に振られたときのフィジカルの強さは、
昨年には及ばなく見える場面が多いのです。

*(もちろん勝負どころでは、昨年のようなショットの威力、
  フィジカルの強さを垣間見せます。

  ただ、全体的には迫力不足の感が否めないのです。)


■この辺りが、“大一番”のフェデラー戦に、どのように影響するのか。

ジックリ見て見たいと、考えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「シャラポア選手の進化!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■昨年のウインブルドンチャンピオンである、クビトバ選手を一蹴。

見事、世界NO、1奪還&全仏オープン初の決勝進出を決めた、
シャラポア選手。

彼の復活劇も、並々ならぬものがあります。


■肩の手術。

思うように伸びない戦績。

「シャラポアも、もう終わり?」

との声がささやかれる中。

見事以上に見事な復活を、果たしたのです。


■そして、復活要因の上位に挙げたいのが、

「コートの中で打つ回数が、飛躍的に多くなった!」

つまり、高い打点、ライジングを含め、相手に時間を与えないようにプレー
できるように変わったこと。

ここが、現在の好戦績に大きく反映されていると感じます。


■ビックリしすぎる位の急成長を遂げた、エラー二選手が決勝の相手。

ファイターなので、早い展開は不可欠でもあり、

ここでも“新型”シャラポア選手のプレー振りに注目が集まります。


■さて今日の・・・・・

「全仏オープンテニスを、あなたのテニスに生かす!」は・・・・・

「クロスコートショットを、さらに磨こう!」

こちらをお贈りします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「私が子供の頃は・・・・・」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「テニスは、クロスコートショットの質で決まる!」

このように言われました。


■ですが、私が大学生の頃になると・・・・・

「ストレートをうまく打てた奴が勝つ!」

こんな感じに変わっていたのです。


■クロス? ストレート? 一体、どちらが大切なのか?

聡明なあなたであれば、すでにお気づきの通り。

「どちらも大切です!」


■そうです。

時代背景により、どちらかが強烈にクローズアップされるだけ。

本来は、甲乙つけがたく大事なのが、クロスとストレートのショットです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「ただ、現代テニスは・・・・・」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■クロスショットの優位性が高い時代!

このようには言えます。


■理由は簡単。

体の回転運動を、究極的にうまく機能させて打てるようになった。

これが、現代テニスの大きな進化であり、体の回転運動が鋭くなればなるほど、
クロスへのショットは簡単かつ鋭角に打てることがわかっているからです。

*(世界一流プロで、体の前後運動を使って打つ選手は、皆無に等しく
  なりました。)


■もちろんだからといって、ストレートが必要ないわけではありません。

お伝えしたいことは・・・・・

「クロスショットが鋭くなれば、それだけストレートへのショットが
決まりやすくなる!」

こんな時代に突入しているのが、今の時代であるということです。


■今後、この流れは、ますます加速していくでしょう。

即ち、今以上にクロスショットが鋭く打てるようになる時代が到来する。

そのため、クロスショットが打てないことは、“死”を意味するほど致命傷な
ことになっていくことでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「今スグ、クロスショットを磨き始めてください!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今なら、まだ間に合います。

そして今始めれば、この時代背景に気がついていない方々には、
圧倒的な差をつけることもできます。


■想像してみてください。

ラリーが始まります。

常にあなたが、鋭いクロスショットをはじめに打つ。


■すると?

あなたの目の前には、すぐにオープンコートが現れることに。

コートが空いていれば、あとは簡単。

次のショッを普通に打つだけでも、圧倒的優位に立てることがわかります。


■もちろんその時、ストレートの打ち方が正しければ“鬼に金棒”。

あっさりと、ノータッチエースを取ることもやぶさかではないはずです。

“ジックリ”とクロスショットの練習を続けてください。


■いつも最後までお読みくださり、心から感謝しております。


田中信弥


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■追伸:「あなたのテニス上達&健康&人生の幸せを心から願っています。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━