テニス上達の近道!

〜元オリンピック強化スタッフ&元日本代表コーチの田中信弥が  テニスを通してあなたの人生が豊かになるお手伝いをさせて頂きます〜

2016年02月

「“目から鱗”といきたいが・・・」

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

今まで経験したことのない分かりやすいアドバイスに“目から鱗”といきたいところですが・・・
練習のときはさておき、試合となるとなかなか上手くいかない。

打つ際の体勢作り、打点、フォロウスルーにまだまだ難点があり、
一朝一夕で体に叩き込むのは難しいと実感しているところです。

ただ、目標は分かっているので時間をかけて体に覚えこませたいと考えている。(T・T)

  ↑

■T・T様、素晴らしいご感想をありがとうございます。

そして、“目から鱗”といきたいところですが・・・とのお気持ちも大変にありがたいものです。

なぜなら、T・T様が悩まれる、「練習のときはさておき、試合になるとなかなか上手くいかない」
これは誰もが経験することだからです。(もちろん私も、経験しまくりです。)


■ただ、ご心配には及びません。

これは単なる理論上の問題。

おっしゃるように、「時間をかけて体に覚えこませる!」ことで解消に向かいます。


■テニスを上達させていく場合、絶対に忘れてはいけない不等式があります。

「球出し練習 < ラリー練習 < 試合」

つまり、正しい打ち方を習っても、すぐに理想通りできるのは動かずに打つ球出し練習のみ。

球出し練習で「よしっ 打てる!」と思い、ラリー練習になった途端、残念ながら精度は落ちます。


■当たり前の話しです。

テニスのもう一つの不等式に・・・

「打ち方 < 動き < 判断 <予測」

があるからです。

つまり、ラリー練習になると打ち方より上位の力を持つ“動き”が入るため、
精度は落ちて当たり前なのです。


■加えてラリー練習になれば、「このボールは、一体どこで弾み、どれくらいの位置にくるの?」
という“判断”が必要になります。

そのため、正しいフォームをマスターしたからといって、即ラリー練習、試合で
効力を発揮できるわけではないのです。


■ただし。

そうは言っても、正しい打ち方を憶えなければ話しにもなりません。

動いて打とうが、判断して打とうが、最終的にはボールを打つことには変わりがないからです。


■ということで・・・

1・「まずは、動かない範疇で正しい打ち方で打てるようになる!」

2・「続いて、動く中で、そして試合の中でも正しいフォームで打てるようになる!」

という流れを目指すのが、自然であり、王道でもあります。


■そのような意味からすれば、T・T様の第一段階、

「“目から鱗”のアドバイスを、練習ならできる!」

というのは、全くもって優秀なことであることがわかります。

後は、じっくり時間をかけ、ラリー練習、試合の中で、少しずつ正しい打ち方で打てる回数を
増やしていってください。


■追伸1:

T・T様へのご回答が、あなたのテニス上達にお役にたったならうれしく思います。


■追伸2:

「このブログは役に立つ!」

と思われたなら、大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。

「情報と知恵の差!」

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

書店で売っているテニス雑誌や、他のテニス上達DVDより、
はるかに、はるかに、わかりやすくためになります。(匿名希望)

  ↑

■匿名希望様、素晴らしいご感想をありがとうございます。

特に「はるかに、はるかに・・・」という言葉には、心からの感謝を申し上げます。


■“この”違いをわかっていただくことが、私にとっては大きな喜びであり、

「今まで、やってきてよかったぁ!」

との声を、お腹の底から発したくなる瞬間でもあるのです。


■違いはもちろんのこと・・・

「情報と知恵の差!」

私がご提供させていただくのは、単なるテニス上達情報ではありません。

ウィークエンドプレーヤーの方と一緒に、“汗水”たらして見つけた、

「テニスが上達する知恵!」

が中心なのです。


■この違いの明瞭姓は、あなた自身の目で確かめていただければと思います。

が、違いを一言でお伝えすれば、

「机上の空論に終わる危険の高い上達情報と、

すでに再現性が確認されており、多くの方が良い結果を受け取る可能性の高い上達情報との違い!」

とは言えるかもしれません。


■もちろん、人それぞれの感受性、タイミング等が世の中には存在します。

ですから・・・

「私のテニスの知恵だけが、唯一無二で絶対的な存在!」

とは全くもって思っていません。


■ただ、

「そのように思っていただけるようになりたい!」

とは強く願っており、だからこそ“日々、精進”を続ける次第です。


■追伸1:

今日、肝臓辺りの“しこり”の痛みを心配し、病院に駆け込みました。

超音波検査を行った結果、

「全く異常なし! しこりと思われたのは骨の突起。」

という診断をいただき、“ホッ”と一息ついたところです。


■30代から、最低でも年に一度のペースで人間ドッグを受診しつづけ、
完璧ではないにしろ、日頃の生活も気をつけている(?)私としては、

「何で痛くなるの?」

と不思議に思いました。


■が、一点だけ思い当たる節があり・・・

「MAXの力でサービスを打ち過ぎ、筋膜を痛めたのでは?」

というように、現役さながらの痛みを疑っています。


■このあと数日は、様子を見ながらの活動となります。

あなた様におかれましても、テニスを愛する活動を頑張っていただきながらも、
お体だけはくれぐれもご自愛くださればと思います。



■追伸2:

「このブログは役に立つ!」

と思われたなら、大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。

「自分のテニスは自分で守る!」

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

自分の中では何かが変わろうとしています。

今までは上手になりたいと思いスクールに行き、ある程度は上達はしましたが、

「どうしたら、これからステップアップできるのか?」

迷いがあったところに出逢い、少しずつですが答えが出てきたのを感じます。

細かく教えてくれた、「瞬間直し(R)実践会」に、感謝、感謝です。(F・K)

  ↑

■F・K様、素晴らしいご感想をありがとうございます。

テニスをする限り、ステップアップは必須です。

そして、私もそうでしたが、ステップ = 自らの目指すテニスが変わる

このたびに指導者も変わりました。(これは、自然の原理です。)

ですから今、F・K様が目指すテニスの指導者に私が選ばれたのなら素直にうれしく思いますし、
同時に責任を感じ、真摯にお伝えできることを伝えていく所存です。

これからも、共に頑張り続けましょう。


■さて今日は・・・

「自分のテニスは、自分で守る!」

というお話をします。


■「自分のテニスは、自分で守る!」という感覚は、プロなら持っていて当たり前。
(というか、持っていなければプロとは言えません。)

ところが、ウィークエンドプレーヤーの方と深くお付き合いしていると・・・

「あれっ? 

ウィークエンドプレーヤーの方は、自らのテニスを第三者にあずけてしまっている?」

という、大きな、大きな危惧感を持ったのです。


■この話、おわかりでしょうか?

世界トッププロにも、コーチはついています。

でもその関係は・・・

「世界トップ選手がコーチを雇っている!」

というもの。


■そう、どれだけ著名なコーチを雇っても、雇い主はプレーヤー。(お金を払っているのは選手)

ということで、「気に入らなければ“首を切る”!」という選択権は、選手側にあるのです。

(本来は、“深い人間関係”の上に成り立っているため、単に首を切る、切らないの話ではありません。

が、話を伝わりやすくするため、あえて極端に単純化していますことはご理解ください。)


■ですが、ウィークエンドプレーヤーの世界では、この論理が逆転。

なぜかコーチが偉く、“お金はいただきたい”ので首は切らないのですが、
選手(ウィークエンドプレーヤー)を愚弄する姿が散見されたり、その手の話を想像以上に多く聞いたりします。


■もちろん、だからと言ってウィークエンドプレーヤー(選手側)が、偉そうにしても良いという話ではありません。

長くなりますので、ここで全てをお話するには無理がありますが、

要は・・・「あなたのテニスは、あなた自身で守る!」

その中で真の信頼関係を築けたコーチとのみ、長期のお付き合いを行なえば良いのです。


■もちろん中には、「コーチに依存した方が楽!」という方もいらっしゃるでしょう。

そのやり方を否定する気持ちはさらさらありません。

ですが仮にあなたが、「試合に勝ちたい!」、「人よりテニスが上手くなりたい!」

という思いを強く持たれているなら、依存はお勧めしません。
(依存するタイプの選手は、プロで大成することは難しいからです。)


■ぜひ今一度、

「自分のテニスを自分で守っているか?」

を問いかけてください。

そして、一度しかないテニス人生を最良のものとしていただければと思います。



■追伸:

「このブログは役に立つ!」

と思われたなら、大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。

「最近“していない”話!」


■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

迷わずシルバー会員になりました。

テニススクールにも通っていましたが、スクールで習うよりも確実に
上達することができました。

着実に、気持ちよくテニスができるようになっています!(A・S)

  ↑

■A・S様、着実に気持ち良くテニスができ、さらには上達されたとのこと、
本当に良かったですね。

これからも、ますます上達の一途をたどってくださればと思います。


■さて、大流行りしていて、私の大好きなテニススクールがあります。

そこは・・・

「当テニススクールはサービス業です。

あなたに快適にテニスをしていただくのが我々の仕事です!」

と謳っています。


■支配人に話を伺うと、

「田中さん、役割分担ですよ、役割分担。

サービス業を謳う我々が、日本代表選手を育てていたら、
そりゃぁ誰もがおかしいと思うでしょう?

だから、そんなことは我々はしないのです。」

と言われるのです。


■つまりは・・・

「自らが出来るところと、出来ないところを真摯に振り分ける。

そして、できるところを人ができないレベルで行う。」

このテニススクール様は、この“プロの姿勢”、“プロの流儀”を
わかっているわけです。(だから、大流行りしています。)


■ということは・・・

「A・S様が選らんでくださったのは、“ウィークエンドプレーヤー再生プロ”としての私!」

ということであり、まさに掲げている看板と悩まれているA・S様のニーズが一致したからこそ、
気持ちの良い関係を生み出せたと言えます。

A・S様、これからも私が出来ることを、人様ができないレベルで提供していく所存です。

末永いお付き合いを、よろしくお願い申しあげます。


■追伸1:

先日少しお伝えした、最近語らない私の“ダッシュトレーニング事情”ですが・・・

「右足太もも後ろ(ハムストリング)を痛め、ここ数週間控えています!」

(痛めた後の数日は、脚を引きずりながらの生活を余儀なくされました。)


■で、「何でそんな悲惨なことになったか?」ということですが・・・

実は、ケガをするまでは順調だったのです。

そう、「このまま現役復帰できるのでは?」と勘違いを起こすほど絶好調。


■ところが、そんなある日。

普段は誰もいない横のコートに、プライベートレッスンを受ける親子さんが出現。

お相手のコーチも、若くてテニスが上手い。


■すると・・・

身体は年老いても、心は少年のまま(子供のまま?)の私の中に、
最近はめっきり顔を出さなくなっていた“虚栄心”がニョキニョキと出現。

次の瞬間、「あっ!」と言う間もなく、現役時代さながらのMAXダッシュを開始してしまったのです。


■でも、6本目までは何も問題は起こりませんでした。

そのため、ちょっと“ドヤ顔”。(と言っても、隣のコートの3人は見てもいないのですが)

で、勝手に一人でますますアドレナリンを噴出させ、運命の7本目。

「とうとう、やってしまった・・・」

わけです。


■コートのラインを使い、ちょっと長めのダッシュ。

最後、ベースラインからネットに向かうとき、“ピキッ”という今まで聞いたことのない音を
右足太もも裏が発し、同時にその場で立ち往生。

あとは、隣の3人に悟られぬよう、ゆっくり、ゆっくり、ベンチに戻りましたとさ。(日本昔話風)


■で、現在。

ダッシュトレーニングは控えたまま。

これは、ケガが癒えないのではなく。

ましてや、「年齢を考えた行動をしよう!」と諦めたわけでもなく。


■“虚栄心”に負けたことは情けなかったのですが、自分で言うのもなんですが、
6本目までのMAXダッシュがなかなかのものだったため・・・

「基礎体力をさらにつければ、MAXダッシュ20本いけるかも?

よしっ、基礎体力増強後、再チャレンジだ!」

と、性懲りもないことを考え、“シコシコ”とトレーニングを積んでいるからなのです。


■とはいえ、やはり年齢を考えると、頑張りすぎが命取りになる危険も。

「ここは、身体と相談しながら“ジックリ”行こう!」

と戒める毎日でもあります。


■もちろんあなたは、私のように年齢も考えないバカではないでしょう。

“虚栄心”に負けることもないかもしれません。

ですから・・・

「バカな男からの一つの教訓だな!」

という軽い気持ちでお聞きくださればと思います。

最後までお読みくださり、誠にありがとうございました。


■追伸:

「このブログは役に立つ!」

と思われたなら、大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。

「“生涯最高”」

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

ストロークのアドバイスに、ただただ感嘆しています。

プロの様な柔らかい切れのあるボール、一直線に伸びるストロークに
近づきつつある感じがあります。(S・H)

  ↑

■S・H様、プロのように柔らかくキレのあるボールが打てるようになってきて、
本当に良かったですね。

これからも精進を続け、さらに良いボールを打てるようになってくだされば、
これほどうれしいことはありません。


■私が良く言う言葉に・・・

「プロと同じスピードボールを打つことは無理!

でも、プロに似た質の良いボールは誰でも打てる!」

というものがあります。


■それでも、「えっ?」と思われる方も多いのですが・・・

「私自身も、ジョコビッチ選手と同じスピードボールは打てません。

そして、質も同じにはなりません。

が、多少なりとも似ているところはあります!」

という話しをすると、

「なるほど。そいうことですか!」

の納得していただけます。

(「瞬間直し(R)実践会」の会員様の中には、すでに私より質の良いボールを
  打つ方がいらっしゃいます。)


■おわかりですよね?

「生涯、世界トップ選手と同じスピード、同じ質のボールを打つことは無理。

でも、正しい打ち方に近づけば近づくほど、誰でも質の良いボールは打てる!」

ということであり、この領域を目指すことが最高に楽しくエキサイティングなのです。


■そして、この領域に近づくのに終わりはありません。

今日も、自らのテニスを磨き、メソッド開発に勤しんできましたが、

「なるほど、そういうことか!」

というほど、理論と実践を融合させることに成功。

「この年になっても、どんどん質の良いショットが打てるようになっていく!」

ことに心から満足している次第です。


■その打ち方は、2月末に“お披露目”(会員様限定ですが)する予定ですが、

「かなりビックリされるだろうな・・・」

と今から予想しています。


■なぜなら、両手打ちバックハンドなのですが、

「今までできなかった量の“ショルダーターン”ができるようになり、
これまでの生涯の中、最高に厚い当たりを実現できた秘密!」

を、自らの打ち方をお見せしながら、体系立ててお伝えするからです。

S・H様に負けないような精進を、今日はできた感じです。


■追伸1:

最近、語っていないトレーニングの話しですが、面白い事件に巻き込まれました。

近々、お話ししますね。


■追伸2:

「このブログは役に立つ!」

と思われたなら、大切なご友人にお勧めくださればうれしく思います。
About us
田中信弥画像

日本のトップジュニアとして活躍後、法政大学在学中にプロ選手を連破し、プロに転向。 その後、全日本選手権ベスト4、全日本ローンコート選手権ベスト4、関東オープン準優勝、 神奈川オープン、東北オープン優勝等を収める。日本プロランキング7位。

委嘱状

現役引退後は、伊達公子氏のアメリカ遠征に2年連続同行し、 ナショナルコーチ及びオリンピック強化スタッフを歴任。 男女日本代表選手の指導、ジュニア日本代表の育成に従事し、 (財)日本テニス協会強化副委員長も務めました。 更には、日本体育協会テニス上級コーチも取得。

プロサッカーチーム、鹿島アントラーズとの提携ではじめた 「鹿島アントラーズテニスクリニック」では、月2回、たった90分のクリニックで、 進学校生を地元史上初めてインターハイに出場させる。 地元では「オリンピック選手を輩出したに等しい」との評価を受け、 その模様は雑誌「T・テニス」にて3回にわたり掲載されました。

又、年間200回に及ぶオンコートテニスセミナーを全国で開催し、 「脳の仕組み」、「体の仕組み」を利用した最短時間上達法 「瞬間直し(R)」 を伝授。

その指導法は、NHK中国地方版ニュース、NHK鳥取地方版ニュースにて 「田中信弥の指導法」としても紹介されました。 その他、NHK全国版技術特集、TV東京「おはスタ!」、東海TV等々に多数出演。 雑誌「T・テニス」においては、「ファイルレッスン(カラー16ページ:読者ランキング1位)および 「基本の強化書(カラー6ページ)」を大好評連載しました。

非常識なテニス上達法則!

あなたがテニスを練習する上で役立つヒントやポイントが満載のEメールセミナーを配信中!ご登録はこちら!
QRコード
QRコード