テニス上達の近道!

〜元オリンピック強化スタッフ&元日本代表コーチの田中信弥が  テニスを通してあなたの人生が豊かになるお手伝いをさせて頂きます〜

2015年10月

「ストロークは、わきを開けて打っても良いのか?」

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

★サービスフォームの研究にとてもよかったです。

肘の位置の大事さがよくわかり、後で自分のビデオを撮って比較してみたら
肘の位置が悪いために力をロスしていることがよくわかりました。

肘の位置に気をつけると体力の温存もできるなと思いました。

フェデラー型フォアはイメージが作れるようになりました。

「ワキを開けて打つ」のはいけないことだと思い、
ワキを開けて打っていたクセを治さなければと考えていたので衝撃的でした。

ボレーのフォームもとても参考になりました。

薄いグリップの人のフォームが、普通と少し違う点が自分と似ていて
とても参考になりました。(HK)

  ↑

■HK様、サービス、ストローク、ボレーの3ショットについての
素晴らしいご感想、心から感謝します。

まだまだ、たくさんの矯正メソッドがありますが、
焦らず順にこなしていきましょう。

そうすれば、HK様が望んだ世界に到達できると確信していますので。


■しかし、毎日、HK様のような方からのご報告を聞いていると、
ある一つの法則を感じずにはいられません。

その法則とは・・・

「思いきって少しの時間投資をされた方は、
その何倍〜何十倍ものリターン(上達)を手にされている!」

というものです。


■HK様の例で言えば、約60分のDVDを見るという時間投資だけ。

たったそれだけの時間の投下で、多くの矯正メソッドを手に入れ、
自らの打ち方と比べることで・・・

「肘の位置が悪いために力をロスしている問題を発見! 
ただいまから矯正に入ります。」

ということで直され始め、少しの期間がんばった後には、

「矯正終了(上達)!」

というめでたい日を迎えることになるのです。


■これは、才能、努力とは無縁の話し。

(勉強時間、実践時間をとることは、努力の部類に入るのかもしれませんが)


■ある一定以上のテニスレベルであるにも関わらず、

「なかなか思うように上手くならない・・・」

と嘆かれている方の多くは、やり方が間違っているだけであり、


■そのような方が、ひとたび時間投資を行えば、

「間違った体の使い方、間違った認識を正し、一気に上方修正!」

という現実が間違いなく来るのです。

(もちろん、矯正メソッドを正しく使用した場合の話しです。)


■このような情景を、かれこれ20年も見続けていると、

「私がご提供してきたサービス(仕事)も、まんざら捨てたものでもないかも・・・」

と、少しばかり自信を持たせていただいたりします。(自画自賛ですみません。)


■追伸:

一つだけ注意点が。

HK様が衝撃を受けた、

「わきを開けて打っても良い!」

という事実ですが、
(実際、フェデラー選手を筆頭に、世界トップ選手もわきを開けて打つ選手が
たくさんいます。)


■やはり「開け方!」というものが存在します。

そのため、ただ闇雲に、「わきを開ければ良いのね?」とマネをすると、
怪我の元にもなりますのでお気をつけください。


■「細かく正確に習いたい!」とお考えの場合は、お越しください。

  ↓

■ http://www.tanakashinya.com/course.cfm

「昔の悪いクセが取れない理由!」

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回は、ありがたい“お客様の声”を3つご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

★実際にコートで打ってみたところ、すぐに効果が出ました。

ポイントが簡潔に示されているので、打っているときにも忘れにくい。

そこで、早速シルバー会員に入会した。(D)


★今までコーチに指導されたことを自分で整理して取り入れていたが、

田中さんはそれらを含めて、うまく分かり易く整理して目で見せてくれるので、

納得することが多い。(匿名希望)


★以前の癖がなかなか直らなくて苦労していましたが、

「なるほど!」

と思うことが多く、納得しながら実行に移すと、

打ち方が変わっていくのを実感しています。(テニスボーイ)

  ↑

■D様、匿名希望様、テニスボーイ様、

「納得!」&「効果あり!」のお手紙ありがとうございます。


■多くのウィ―クエンドプレーヤーの方が持つ悩みの一つに、

「昔の悪いクセが取れない・・・」

というものがあります。


■なぜ悪いクセが取れないかと言えば、

悪い打ち方を神経が覚えてしまっているからです。

そのため、指摘されただけでは変えることは難しいのです。


■私も現役時代の下手なときに、たくさん指摘を受けました。

それはそれでありがたかったのですが、直せたかといえば・・・

「全然、無理でした!」

(神経が覚えているので、意識で改善しようとしても難しかったのです。)


■そこで考え出したのが、体の動きを半強制的に変える手法。

コートに入る、入らないは二の次にして、まずは正しい体の動きに改善する

ことだけにフォーカス。


■誰でもいつでも再現できる方法を編み出すことにより、

自分のフォーム矯正&ウィークエンドプレーヤーの方のフォーム矯正が

着実にできるようになりました。


*(今後、どこかでお見せできる機会があるかもしれませんが、

  私のテニスは今もなお、ものすごい勢いで進化し続けています。

  残念ながら、体力は落ちる一方ですが・・・)


■ですから、私のDVDをご覧になった方であればおわかりの通り、

「世間で言えば、かなり突拍子もないメソッドばかり!」


■ただ、背景にある理論はしっかり説明しているので、

D様、匿名希望様、テニスボーイ様のように、

「大変、納得!」

のお言葉をいただけるありがたい現実があるのです。


■基本、人間の原理は誰もが一緒です。

神経が悪いクセを憶えたら、誰もが直しづらいのです。

(意識は大事ですが、意識だけでフォームを改善できる方は少ないです。)


■ならば、

コートに入る、入らないは二の次にして、まずは正しい体の動きに改善する

ことだけにフォーカスする。

体の動きを半強制的に変える手法を使う。


■このように現実に即した手法を使うことでのみ、

D様、匿名希望様、テニスボーイ様のようになっていけるわけです。


■ぜひあなたも、D様、匿名希望様、テニスボーイ様のような

体験をしてくださればと思います。

  ↓

■ http://www.tanakashinya.com/course.cfm

「強い理由!」

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

毎号、どのような内容を教えていただけるのか楽しみにしています。

その中でも、特に目から鱗が落ちたのはリターンに関してです。

今までは、飛んでくるボールに合わせてリターンをしていた為、

振り遅れやボールのふかしが多かったのですが、

予め、どこに来るのか予測をすることで、

リターンの確率とスピードが格段に向上しました。


今まで、バックサイドのリターンは苦手意識があり、

「バックに来たぞ、嫌だな」

と思っていた気持ちが、予めバックに来るという心構えと準備ができたときは、

体がしっかりと反応し、安定感が増しているように感じています。


とはいえ、ファーストサーブになるとまだまだリターンの確率が悪いので、

今後はこの確率を上げるよう練習をしていきたいと思っております。


実践会に入会させていただいてから相当の期間が経ちますが、

まだ、一度も実践報告をしたことがありません。

今後は少しずつでも、報告ができればと考えております。


毎号、勉強になる内容をご提供いただき、ありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。(MAO)

  ↑

■MAO様、心のこもったお手紙、ありがとうございます。

リターンの安定感が増し、本当に良かったですね。

また、テニスのミスの80%以上を決めている予測、判断に

目を向けられたところもさすがです。

今後は、毎日、会員様が報告&検証しあっている会員フォーラムへ

ぜひご参加ください。

「一番大きな成果を生み出せる場所である!」

と会員様も実感されていますので、さらに加速して上達できると

思いますので。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。


■さて今日は、

「強い理由!」

というお話をします。


■先日、とあるウィークエンドプレーヤーの方からご相談を受けました。

と言っても、この方は古くからの知り合いなので、

相談と言っても友人同士の雑談に近いものです。


■端的に言えば・・・

「どうしたら、もっとテニスが上手くなるのか?」

という類の質問だったので、私が持っている知識をほんの少しだけおすそわけしました。


■話すうちに、彼の顔色は見る見るうちに明るくなっていきます。

まるで、春を迎えるときのように自然に微笑み、満足げです。


■帰り際の彼の目は、

「何をすれば上手くなるのかがわかった!」

と語っており、口から出た言葉も、

「ありがとう、これからもっと上手くなるよ!」

でした。


■ただ・・・

それほどの満足感を与えた私の心には、雲がかかっていました。

「たぶん、やらないな・・・」

と反射的に思いました。


■なぜかって?

彼が私にテニス上達のアドバイスを求めてきたのは、今回が初めてではなかったからです。

もっと正確に言えば、約十年前からアドバイスを求め続けていて、

「一向に変わらない・・・」

ということを見続けているのです。


■少しきつい言い方をすれば、

「彼はアドバイスを求めてきているが、変わる気は少ない!」

というのが私の見解です。(というか、この10年、実際に変わっていないのです。)


■「そんなことがあるのか?」

と思わるかもしれません。


■ですが、これは特別なケースではありません。

「変わるために本気になることは難しい!」

ということは、ダイエットを思い出していただければわかりやすいと思います。


■「ダイエットしたい・・・」

と思われる方は多いですが、頑張ってもダイエットできない方もまた多いのです。


■私も何度かダイエットをしています。

全て成功です。

自慢ではありません。


■私の場合、人間ドッグの数値が一時期破壊的でしたので、

「死ぬのはまだ嫌だ!」

ということで、約2ヶ月でで10キロ痩せることができたのです。

(もう一度は、「自分に勝てるか?」という命題を出し、

「中学生のときの体重に戻す!」というトライをしましたが、

これまた簡単にできました。)


■このように、変わるために本気になるには、

強い理由がなければ難しいのです。


■知り合いの彼には、感謝しています。

アドバイスがどれだけ適切であろうが、メソッドがどれだけ優れていようが、

「10年経っても、上手くならない人はならない!」

という現実を見せてもらっているからです。


■彼のことは大好きです。

今後もずっと友人です。

でも、テニス上達には期待していません。(笑)

そして、それで良いと考えています。


■「あなたは、テニス上達にどれくらい真剣に向き合っていますか?

そして、どうしても上手くなりたい強い理由を持っていますか?」

今一度、自問自答してみてください。


■追伸1:

強い理由があるなら、ここはお勧めです。

   ↓

■ http://www.tanakashinya.com

「テニスの新常識!」

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

会員になり、この半年でメキメキ上達できました。

半年前、出来なかった事が出来るようになり、

バックナンバーを購入して、もうワンランクアップしたいです。

(K・T)

  ↑

■K・T様、“メキメキ”の上達、おめでとうございます。

自分自身で上達を実感できれば、モチベーションも必然的に上がりますね。

バックナンバーもご購入くださるとのこと。

ありがとうございます。(嬉)

半年で大きな成果を感じたのであれば、一年後、二年後が

さらに楽しみですね。

共にがんばりましょう。


■さて今日は、

「テニスの新常識!」

というお話をします。


■ありがたいことに、「瞬間直し(R)実践会」は12年を越す活動となりました。

これだけ長く運営させていただけると、色々なことがわかってきます。


■その一つに、

「試合に勝っていく方は、新たな視点獲得がものすごく上手い!」

というものがあります。


■例えば、教科書通りにテニスをされる方は、

「浅い球がきたら、アプローチショットを打ってネットに詰め、

最後、ボレーを決めよう!」

という感じになるわけですが、(もちろん、これはこれでありです。)


■新たな視点獲得をされていく方は、

「ネットに出てポイントを獲得するのは、浅い球が来たときだけじゃぁない!」

と考え、ベースライン後ろらネットに詰め、ポイントを獲ったりするのです。


■「テニスは芸術!」ですから、基礎を学び、応用を効かすことができるようになったら、

新たな視点獲得ができてこそ、差をつけることができるようになります。


■換言すれば、

「新たな視点獲得なしでは、勝ち続けることはしんどい!」

とも言えるわけで、


■常識に囚われ過ぎず、新たな視点獲得をし続ける習慣がある方は、

ご本人が意識しているしていないにかかわらず、上達していき、

試合にも勝っていくことが多いわけです。


■ぜひ、新たな視点獲得に意識を向け、

「あなただけのテニスの新常識を作りつづけてください!」


■追伸1:

直近の新たな視点獲得と言えば、

「フェデラー選手のセイバー!」

がわかりやすいのではないでしょうか。


■追伸2:

「このブログは役に立つ!」

と思われたなら、ご友人にお勧めくださるとうれしいです。

「昔のテニスと今のテニス!」

■こんにちは、田中信弥です。

いつもお読みくださり、心から感謝しております。


■今回も、ありがたい“お客様の声”をご紹介しながら、

あなたのテニス上達に役立つ情報をお届けします。

  ↓

やってみました。

確かにフェデラーっぽい打ち方になりました。

プロネーション等で勝手にスピンがかかるみたいなので、

ちょっと高めにスイングしても入るようですね。

いい感じっぽいです。(匿名希望)

  ↑

■匿名希望様、実践してくださりありがとうございます。

また、フェデラー選手のように打てだし、良かったですね。

勝手にスピンがかかる感覚は、振り方が正しいから起こる

現象です。

後は“体に馴染ませる”こと。

実践を繰り返すことで、どんどん自分のものになっていきますので、

この調子で頑張ってください。


■さて今日は、

「昔のテニスと今のテニス!」

というお話をします。


■「私は昔のテニスの打ち方なので、

今のテニスの打ち方に変えるのが難しいのです!」

このように悩みを吐露くださる方が、たくさん、たくさん、

本当にたくさんいらっしゃいます。


■悩みの深さには共感します。

ですが、さらに深堀してお聞きすると・・・

昔のテニス = 後ろから前に押して打つテニス(含む体重移動)

今のテニス = 体の回転で打つテニス(体重移動はしない)

という、ちょっと残念な間違った解釈をされている方が

ほとんどなのです。


■確かに現代の世界トップ選手の打ち方を見ると、

体の回転を使って打っているように見えます。

(特にフォアハンドを指して言っています。)


■では、

「昔の世界トップ選手は体の回転を使わず、後ろから前に押して打っていたのか?」

と聞かれれば、

「全くそんなことはありません!」


■体の回転量が違うだけで、昔の世界トップ選手の誰もかれもが、

体の回転を使いボールを打っています。

(ウッドラケットを使っていた時代の選手も、

 体の回転を使って打っています。)


■ですから、

「昔のテニスは、後ろから前に押して打っていた!」

「昔は、体重移動で打っていた!」

という解釈が間違っているのであり、

進化、洗練はされているものの、

「昔のテニスも今のテニスも、基本的には同じなのです!」


■そのため、

「私は昔のテニスの打ち方なので、

今のテニスの打ち方に変えるのが難しいのです!」

とおっしゃる方は、


■まずは、ユーチューブ等で昔の世界トップ選手を見ていただき、

事実確認をされた後で、

「回転運動を中心とした打ち方に戻す!」

(特にフォアハンドを指しています。)

という意識で練習に励んでいただければと思います。


■大丈夫です。

かなりの人数の方を指導させていただきましたが、

正しい理論と、正しいチェックポイントと、正しい矯正法があれば、

誰でも正しい打ち方に戻ることは実証されていますから。

頑張ってください、応援しています。


■追伸:

「このブログは役に立つ!」

と思われたなら、ご友人にお勧めくださるとうれしいです。
About us
田中信弥画像

日本のトップジュニアとして活躍後、法政大学在学中にプロ選手を連破し、プロに転向。 その後、全日本選手権ベスト4、全日本ローンコート選手権ベスト4、関東オープン準優勝、 神奈川オープン、東北オープン優勝等を収める。日本プロランキング7位。

委嘱状

現役引退後は、伊達公子氏のアメリカ遠征に2年連続同行し、 ナショナルコーチ及びオリンピック強化スタッフを歴任。 男女日本代表選手の指導、ジュニア日本代表の育成に従事し、 (財)日本テニス協会強化副委員長も務めました。 更には、日本体育協会テニス上級コーチも取得。

プロサッカーチーム、鹿島アントラーズとの提携ではじめた 「鹿島アントラーズテニスクリニック」では、月2回、たった90分のクリニックで、 進学校生を地元史上初めてインターハイに出場させる。 地元では「オリンピック選手を輩出したに等しい」との評価を受け、 その模様は雑誌「T・テニス」にて3回にわたり掲載されました。

又、年間200回に及ぶオンコートテニスセミナーを全国で開催し、 「脳の仕組み」、「体の仕組み」を利用した最短時間上達法 「瞬間直し(R)」 を伝授。

その指導法は、NHK中国地方版ニュース、NHK鳥取地方版ニュースにて 「田中信弥の指導法」としても紹介されました。 その他、NHK全国版技術特集、TV東京「おはスタ!」、東海TV等々に多数出演。 雑誌「T・テニス」においては、「ファイルレッスン(カラー16ページ:読者ランキング1位)および 「基本の強化書(カラー6ページ)」を大好評連載しました。

非常識なテニス上達法則!

あなたがテニスを練習する上で役立つヒントやポイントが満載のEメールセミナーを配信中!ご登録はこちら!
QRコード
QRコード