テニス上達の近道!

〜元オリンピック強化スタッフ&元日本代表コーチの田中信弥が  テニスを通してあなたの人生が豊かになるお手伝いをさせて頂きます〜

2014年04月

「試合に負けた後の、妥当な落ち込み、間違った落ち込み!」

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「試合に負けた後の、妥当な落ち込み、間違った落ち込み!」


という題材でお贈りします。



■解説:

「試合に負けて落ち込んでいます・・・」

こんな心情吐露を受けることが、多々あります。

確かに、試合に負けるのは気分が良いものではありません。

ですが、勝敗は、冷静に判断しなければならないものでもあるのです。

例えば・・・

仮に、私がフェデラー選手に負けて落ち込んでいたら、

あなたはどのようにお声掛けしてくださいますか?

「田中さん、相手がフェデラー選手だったんですから、

負けても仕方がないですよ。

落ち込む必要など全くありません。

良く頑張っていましたよ。」

こんな風に慰めてくださるのではないでしょうか。

これは極端な例ですが、言いたいことはこうです。

「試合結果と上達とは、一致しないことがままある。

特に、テクニック上達と試合結果においては、ものすごい乖離も見られる。

そのため、結果だけで一喜一憂してはならない!」

ということなのです。

今日、試合に負けたらすぐに、妥当な落ち込み、間違った落ち込みの、

仕分けを行うことを決意してください。

そして。

「今の実力からして、本当に負けてはいけない相手だったのか?」

「仮にそうだとしても、数多くの問題を抱えており、負けても仕方がない

状態だったのではないか?」

(例えば、練習不足がピークに達していて、とてもまともに試合ができる

状態ではなかった等。

ただし・・・言い訳に使うのはダメです。)

これらを、真摯に分析し、次回以降の練習、試合に生かすことが、

最高に大事であることを憶えておいてください。

(この作業を、テニスを続ける限り、行い続けます。)


追伸1:

単に、負けて落ち込むことだけを繰り返していては、

大変にもったいないことになってしまいます。


追伸2:

もちろん、妥当な落ち込みを経験することあります。

ですが、そこから立ち上がり、学び、活かすことが重要なのです。



■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com

「戦略とは、未来の環境認識に他ならない!」

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「戦略とは、未来の環境認識に他ならない!」


という題材でお贈りします。



■解説:

「試合で勝つには戦略が重要です!」

このように言い続けてきました。

そして。

「戦略とは将軍の術であり、試合全体を見渡し、作戦を立てること!」

とも続けてきました。

これは換言すると、

「今回の試合は、どのような環境で戦うことになるのだろう?」

ということを明確に予想することに他なりません。

もちろん、実際の試合では色々なことが起こり、

ときに戦略転換も必要となります。

が、まずは全体像を見渡すことができること。

これが、極めて有利に試合を運べるようになるコツでもあるわけです。

今日、戦略とは未来の環境認識であることを知ってください。

そして、未来の環境認識が重要なのは、何もテニスだけでなく、

人生においても同じことが言えるのだと再認識してください。


追伸:

このように考えると、

「テニス上達を実現するために、人生を活用しても良い。

人生をより良く生きるために、テニスを活用しても良い。」

と言えると思います。



■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com

「テニスにフォームは必要か?」

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「テニスにフォームは必要か?」


という題材でお贈りします。



■解説:

もちろん、必要です。

最終的には、決まったフォームだけで打つわけではないのですが、

そこに至るまでは、基本フォームは必要です。

(ボールを正しく打つために、体を効率的に使えるようにするのです。)

換言すれば・・・

「型のある人が、型を破るのは型破り。

型のない人が、型を破るのは型なし。」

と言えるわけで、フォームがないと先に進めないばかりか、

間違った方向に突き進んでしまう危険性も出てきます。

今日、基本フォームの習得は、テニスになくてはならないものであることを

知ってください。

そして。

体の効果的な使い方を憶えた後であれば、フォームを変えて打つことで、

よりテニスの幅が広がることも憶えておいてください。


追伸:

世界トップ選手は、基本フォームを持った上で、型破りな打ち方をすることが

あるわけですね。



■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com

「あなたを力づけるセルフトークとは?」

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「あなたを力づけるセルフトークとは?」


という題材でお贈りします。



■解説:

セルフトークは、あなたが脳内で話す独り言です。

それは、自らの言葉だけで行うときもあれば、

血縁関係や他人との会話の場合もあります。

そして、脳は指令塔なので、セルフトークで使う言葉が、

実際の行動に強い影響を与えることがわかっています。

ならば、良いセルフトークを行った方が良いわけで、

今日は以下の言葉をご紹介します。


・「どのようにすれば、今日を素晴しい日にできるだろうか?」

・「今、何に感謝するべきだろうか?」

・「この状況から、何を学べるだろうか?」

・「今、何に幸せを感じることができるだろう?」

・「今、何にチャレンジしているだろうか?」


これらの言葉は、あなたの心の良い部分を引き出します。

ぜひ、意識して使ってください。


追伸:

上記の言葉を、最低、一年以上。

できれば、数年使い続ければ、

「知らないうちに、テニスが上達していた!」

という、驚きの結果を手に入れることも不可能ではありません。

なぜでしょう?

「ものごとに感謝しつつ、学び、実践を繰り返す行動習慣が

身についているからです!」

(「実際の行動に、強い影響を及ぼす!」という言葉を思い出してください。)
 


■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com

「ナダル選手が、接戦に強い理由!」

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「ナダル選手が、接戦に強い理由!」


という題材でお贈りします。



■解説:

今現在、才能ある若手世界トップ選手のショットは、

ナダル、ジョコビッチ、フェデラー選手等の、グランドスラマー達をも上回る

凄さがあります。

ですが、グランドスラマー達は負けません。

特に大事な試合では負けません。

中でも、ナダル選手は、接戦になっても負けないことが多いのです。

なぜでしょう?

それは・・・

試合の流れ、相手のプレースタイルに敏感で、そこに合わせて対処できる。

つまり、自らのプレースタイルを微調整しながら、試合をこなすことが得意

だからです。

今日。

接戦に強い選手は、ショットの強さだけでなく、自らのプレースタイルを

試合に合わせて変えることができることを知ってください。

さらに、長きに渡り活躍できる選手は、時代に合わせ、

自らのプレースタイルを微調整できることも憶えておいてください。


追伸1:

ナダル、ジョコビッチ、フェデラー選手等を、長年、見続けている場合、

彼らのプレーが、どんどん攻撃的になっていることを知っているはずです。


追伸2:

あなたもナダル選手のようになれることを、私は知っています。



■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com
About us
田中信弥画像

日本のトップジュニアとして活躍後、法政大学在学中にプロ選手を連破し、プロに転向。 その後、全日本選手権ベスト4、全日本ローンコート選手権ベスト4、関東オープン準優勝、 神奈川オープン、東北オープン優勝等を収める。日本プロランキング7位。

委嘱状

現役引退後は、伊達公子氏のアメリカ遠征に2年連続同行し、 ナショナルコーチ及びオリンピック強化スタッフを歴任。 男女日本代表選手の指導、ジュニア日本代表の育成に従事し、 (財)日本テニス協会強化副委員長も務めました。 更には、日本体育協会テニス上級コーチも取得。

プロサッカーチーム、鹿島アントラーズとの提携ではじめた 「鹿島アントラーズテニスクリニック」では、月2回、たった90分のクリニックで、 進学校生を地元史上初めてインターハイに出場させる。 地元では「オリンピック選手を輩出したに等しい」との評価を受け、 その模様は雑誌「T・テニス」にて3回にわたり掲載されました。

又、年間200回に及ぶオンコートテニスセミナーを全国で開催し、 「脳の仕組み」、「体の仕組み」を利用した最短時間上達法 「瞬間直し(R)」 を伝授。

その指導法は、NHK中国地方版ニュース、NHK鳥取地方版ニュースにて 「田中信弥の指導法」としても紹介されました。 その他、NHK全国版技術特集、TV東京「おはスタ!」、東海TV等々に多数出演。 雑誌「T・テニス」においては、「ファイルレッスン(カラー16ページ:読者ランキング1位)および 「基本の強化書(カラー6ページ)」を大好評連載しました。

非常識なテニス上達法則!

あなたがテニスを練習する上で役立つヒントやポイントが満載のEメールセミナーを配信中!ご登録はこちら!
QRコード
QRコード