テニス上達の近道!

〜元オリンピック強化スタッフ&元日本代表コーチの田中信弥が  テニスを通してあなたの人生が豊かになるお手伝いをさせて頂きます〜

2014年02月

「生涯、大きな勝利を手にできない方の特徴!」

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「生涯、大きな勝利を手にできない方の特徴!」


という題材でお贈りします。



■解説:

・「なりふり構わず頑張れない!」

・「大きな野望を持てない!」

・「結果が出ないと、努力を止めてしまう!」

このようなタイプの方は、生涯、大きな勝利を手にすることはできません。

なぜなら、心の裏側に、虚栄心が渦巻いているからです。

(必要以上に、「人に格好よく見られたい。」等の気持ちがあるわけです。)

今日、大きな勝利を手にするには、虚栄心を捨てなければならないことを

知ってください。

そして・・・

他人の目。思惑。

これらを判断材料に行動するのではなく、自らの信念に従って行動すること

でしか、大きな勝利を手にすることはできないことを再認識してください。


■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com

「試合中、対戦相手に流れが行ったら?」

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「試合中、対戦相手に流れが行ったら?」


という題材でお贈りします。



■解説:

耐え忍ぶしかありません。

流れは、行ったり来たりするもの。

ならば、対戦相手に流れが行ったとしても、それは普通のこと。

ということで・・・

「あぁ、今は相手に流れが行ってしまっているな。

しょうがない。

耐え忍びながら、まずはイーブンに戻すように努力しよう。

再度、自分の流れに持っていくのはその後だ!」

これくらいの気持ちでプレーを続けることが、健全で大切なこととなります。

今日、対戦相手に流れが行ってしまったら、

耐え忍ぶことを第一に考えてください。

そして、一番避けなければならないことが・・・

「無理に引き戻そうと思わないこと!」

ということを憶えておいてください。


追伸1:

無理に引き戻そうと思うと、無駄な力を使いすぎ、

自らのリズムが大きく崩れます。

水の流れを変えるがごとく、同化しながら、徐々に変えることが、

賢明な選択となるわけです。


追伸2:

もちろん、大きな流れでなければ、すぐに自分の方に戻ってくる

こともあります。

そのようなこともあるため、「力で何とかしよう」という発想は、

より結果を悪くすることになるのです。



■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com

「テニス上達のために課した、ルールが守れない本当の理由!」

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「テニス上達のために課した、ルールが守れない本当の理由!」


という題材でお贈りします。



■解説:

誰もが、「よ〜し、一丁、頑張るか!」と、自らのテニス上達のために

ルールを課し、練習、トレーニングに取り組みます。

ですが、多くの場合、目標を達成するまえに挫折してしまいます。

なぜでしょう?

それは・・・「未来が不確定なものだから!」

つまり、人間、先が見えないものに対しては不安を感じ、ルールを守る意味を

見出さなくなってしまうのです。

ただ、これはもったいないことです。

なぜなら、「未来は誰にもわからないから!」

今日、未来は誰にもわからないことを再認識してください。

そして、結果に関係なく、テニス上達のために課したルールを守るように

してください。


追伸:

「でも、本当に結果が出なかったら、悲しくないですか?」byあなた

はい、確かに悲しいかもしれません。

が、ルールを守ることができたあなたには、「自分に負けなかった!」という

“誇り”が手に入ります。

そして・・・

「この“誇り”こそが、輝かしい未来に、一番必要なものだったんだ!」

ということに気づかれることでしょう。



■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com

「つなぐボールと攻めるボールを打つ比率!」


■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「つなぐボールと攻めるボールを打つ比率!」


という題材でお贈りします。



■解説:

もちろん、状況、コートサーフェス、その方のプレースタイル等により

変わるのですが、基本的につなぎが8割、攻めが2割と考えてください。

ただし、一つ注意点があります。

「つなぐボールの打ち方は、攻めるボールの打ち方と、全く一緒であること!」

この点がクリアされていないと、使う比率を守っても、“ちぐはぐ”な

テニスとなってしまうことがわかっているからです。

今日、つなぐボールと攻めるボールを打つ比率は、

8:2であることを知ってください。

そして、打ち方は全く変わらず、ボールスピード、回転量、コースの厳しさ

だけが違うショットを打つことを心がけてください。


追伸1:

世界トップ選手の打ち方を見ればわかりますね。

彼らが打つ、つなぎのショットは、

「これっ、本当につなぎのショット?」

というほど、質が高いです。

そして、その延長線上で攻めのボールを打っています。


追伸2:

言い換えれば、

「つなぐボールは、“打ちシコリ”」と言われるように、

「ある程度、攻撃しながらもミスをしないショット!」が、

つなぐボールの本質なのです。



■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com

「準備と実践の意外な関係とは?」

■こんにちは、田中信弥です。

今日の「新テニスのヒント!」は・・・


「準備と実践の意外な関係とは?」



■解説:

以外に思われるかもしれません。

「準備と実践(練習や試合)を考えるとき、より準備に時間をかけることの

方が有効である!」

こんな結論が出ています。

もちろん最終的には、大半の時間を実践(練習や試合)に費やすようには

なります。

ただ、相当に高いレベルに到達するまでは、準備の方が大切なのです。

「良い準備をするから、良い練習、良い試合ができる!」

これが、“本質”だからです。

やみくもに実践(練習や試合)していると、

「正しい方向に進んでいるのか、確信が持てない・・・」

こんな現象に呑みこまれていることも少なくありません。

(なのに。練習、試合は行っているため、「自分は頑張っている!」と、
  
 勘違いの肯定感を持ってしまうので厄介です。)

今日、準備と実践(練習や試合)では、より準備に時間をかけることを

誓ってください。

そして準備には・・・

・目標設定

・その時々に重点強化すること

・体やメンタルのメンテナンス

等が含まれることを憶えておいてください。



■田中信弥の公式サイトはこちらです。

      ↓

■ http://www.tanakashinya.com
About us
田中信弥画像

日本のトップジュニアとして活躍後、法政大学在学中にプロ選手を連破し、プロに転向。 その後、全日本選手権ベスト4、全日本ローンコート選手権ベスト4、関東オープン準優勝、 神奈川オープン、東北オープン優勝等を収める。日本プロランキング7位。

委嘱状

現役引退後は、伊達公子氏のアメリカ遠征に2年連続同行し、 ナショナルコーチ及びオリンピック強化スタッフを歴任。 男女日本代表選手の指導、ジュニア日本代表の育成に従事し、 (財)日本テニス協会強化副委員長も務めました。 更には、日本体育協会テニス上級コーチも取得。

プロサッカーチーム、鹿島アントラーズとの提携ではじめた 「鹿島アントラーズテニスクリニック」では、月2回、たった90分のクリニックで、 進学校生を地元史上初めてインターハイに出場させる。 地元では「オリンピック選手を輩出したに等しい」との評価を受け、 その模様は雑誌「T・テニス」にて3回にわたり掲載されました。

又、年間200回に及ぶオンコートテニスセミナーを全国で開催し、 「脳の仕組み」、「体の仕組み」を利用した最短時間上達法 「瞬間直し(R)」 を伝授。

その指導法は、NHK中国地方版ニュース、NHK鳥取地方版ニュースにて 「田中信弥の指導法」としても紹介されました。 その他、NHK全国版技術特集、TV東京「おはスタ!」、東海TV等々に多数出演。 雑誌「T・テニス」においては、「ファイルレッスン(カラー16ページ:読者ランキング1位)および 「基本の強化書(カラー6ページ)」を大好評連載しました。

非常識なテニス上達法則!

あなたがテニスを練習する上で役立つヒントやポイントが満載のEメールセミナーを配信中!ご登録はこちら!
QRコード
QRコード